読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

似合わない服と向き合う

こんにちは、デニムよりジーパンと言ってしまうひめねです。
骨格診断とパーソナルカラー診断と印象診断と、一通り自分を客観性に見てもらって服選びを模索中です。
 
以前どこかで書いたと思いますが私は元々服にあまり興味がなく、学生の頃はシャツにジーパン姿が定番でした。
買い物をするのはどこの商業施設にでも入ってるユニクロかRight-on。
服にお金をかけるなんてもったいないと思って、その分は大好きな漫画やゲームに使って大いに趣味を満喫してました。
それからロリータファッションにハマったり紆余曲折を経て、30代になるとやっぱりシンプルな白シャツとパンツが似合う人に憧れて。
ジーパンは殆ど履かないけど持っていたので、合わせるためにシンプルな白シャツとを買いました。
 
でも、はっきり言って似合わないです。
身長が低い(足も短い)ことも、上半身が薄くてシャツをパリッと着こなせないことも、そもそも周りにも
「イメージと違う」
と言われる。
長年可愛い、ロマンチック、ガーリーなものが大好きだった私。
昔から私のことを知っている人は、ひめねはこういう格好をした人というイメージも強い。
もちろん、その人が普段しないような服装をしてすごく似合う!って場合もあるけど、残念ながら私にとって白シャツは自分を魅力的に見せてくれるアイテムではなかった。
ジーパンにしても硬い素材が苦手で、進んで履くことはまずない。
本当に好きなら、骨格診断やカラー診断で似合わないアイテムでも好きなものを着るのが一番。
普通の主婦である私に、政治家のようにより多くの人に好感を抱いてもらうためのイメージ戦略なんか必要ありません。
 
シンプルな生活をしている人は、こういう服を着てるという憧れが先走っていたのかなと。
憧れは大切だけれど、似合わない服に似合わせる努力はいまの私には必要ない。
ふと腑に落ちたので、夏の終わりに捨てるか迷っていたモノを少し処分することに決めました。
これから本格的にこの夏着倒したものたちを、片付けに入ろうと思います。