読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

ピンクが似合わなくなったことに気付く

こんにちは、シンプルライフ系には私はあんまりという人も多そうですが、一般的には好きな女性が多いピンクが好きなひめねです。
昨年までは服、鞄、靴、すべてピンク系のアイテムを持っていました。
勿論全部ピンクで統一!なんてことはなかったけど、選択肢には必ず入っていたピンク。
モノを整理しようと決意して、真っ先に無くなったのはすべてピンクのアイテムでした。

歩きやすくて気に入っていたパンプス。
買った当時は思いきった鞄。
徐々に着こなしの中で、それらの小物が浮いているように感じはじめて。
f:id:himene:20160515171147j:image
そしてこの春夏用の薄手のカーディガン。
淡いパステルピンクで、昨シーズンまでよく着ていました。
冬物のカーディガンを片付け、着てみようと袖を通して鏡の前に立ったとき、思った以上に自分に似合っていないことに気付いたのです。
顔色がよく見えない、丈が腰より長くボトムスを隠すので短足に見える。
パーソナルカラー診断と骨格診断の結果を思い出すと、サマーの色であること、切り替えが腰より下にあるものは苦手なことに合点が行きました。

パステルカラーは普段あまり着ないけれど、何故かパステルピンクだけは似合うと思っていた。
今回着たことで、元々の肌や髪の色を客観的に見て、私にはこの色の服はもう必要ないと納得しました。
すべての人がそうとは言い切れないけれど、年齢的にもピンクの可愛らしい印象が強すぎるものは、そろそろ卒業の時期なんだな〜と。
しばらくピンクは、ボトムスやインナーだけで楽しむことにしてみようと思います。