読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

朝ごはん、食べてますか?

こんにちは、朝食バイキングはつい食べ過ぎてしまうひめねです。

実家は朝食は家族全員で食べることが習慣でした。

それから大学に入り、朝に弱いので殆ど朝ごはんは食べないようになったけれど、社会人になってからはまた毎朝きちんと食べるように。

食べやすいようにお茶漬けor柔らかめのうどんで、野菜ジュースと果物とプリンという取り合わせ。

それこそ前日に食べ過ぎてお腹が空いてなくても、母はちゃんと準備してくれていたので、プリンは残すこともあったけれど他のものは残さず食べてました。

 

朝食をやめたきっかけ

前職を退職する前、引き継ぎが思ったように上手くいかずストレスが溜まり、常に胃に不快感を覚えるようになった時期がありました。

病院に行ったところ逆流性食道炎だと診断され、日々の食事を見直すことに。

食事の量を減らしてみたり、主食をおかゆにしてみたり、試行錯誤しているとき生姜紅茶で有名な医師の本を読み、

「朝食を食べなくてもいいんだ」

と初めて気付いたのです。

そこで平日の朝は生姜入りの紅茶と、何か食べたいときはリンゴを食べることにしました。

劇的に体調が改善したわけでもないけど、会社について戻しそうになることはなくなり、その後無事に会社も退職しました。

お腹が空いて仕事ができないということもなくて、ちゃんと朝食を食べないと昼まで持たない!と思い込んでいただけで、自分の体に向き合ってなかったな〜と思います。

(そのとき読んだ本です↓)

「食べない」健康法 (PHP文庫)

 

結局朝食は食べたほうが良いのか

昔からの朝ごはんを食べることで体が目覚め、一日活動するエネルギーになるという人。

朝は排泄の時間だから何も食べないほうがいいという人。

どっちが正解か間違いかは、他でもない自分の体に合う方を選ぶしかない。

私は今は食べたい時は食べる、食べたくない時は食べない、で落ち着いてます。

それでも食べなきゃいけない!というプレッシャーがなくなったせいか、食べる日のほうが多いです。

寝起きすぐ食べたくないときは、夫の分だけ用意して自分は一緒にニュースを見て話しながら白湯か生姜紅茶を飲みます。

1時間後くらいにお腹が空いてくるので、そのときに茶碗半分ほどお茶漬けかトーストを。物足りないときはチーズかアーモンドを少しだけプラスします。

休日はパンを焼いてコーヒーも手軽なドリップをし、卵料理も添えてモーニングっぽい感じにして遊んだりも。

お洒落なワンプレートや作り置きで栄養満点!とは出来ないけど、朝食だけは一緒に取れるという家庭も多いと思うので、楽しくする工夫もいいですよね。

朝ごはんに正しい、正しくないはない。

自分が心地よいと感じるほうを選んでいられたらと思います。