読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

仕事中の休憩で疲れを解消

こんにちは、ひめねです。

会社に勤めている場合、昼に休憩をはさんで7時間半という働き方をされている人が多いと思います。

人間の集中力というのは知れていて1時間とも言われているので、休憩時間以外ずっと集中して仕事に取り組める人は稀じゃないでしょうか。

ただ自分の集中力が切れたからと言って、他の人が仕事をしている前でいきなりストレッチなどはしにくいけど、適度に息抜きをした方がはかどる。

仕事をしているふりをするより、自分で休憩時間を作って仕事を再開するほうが断然効率がいいです。

私はいまこんなことを実践しています。

 

休憩時間を決める

接客業など職種によっては難しいかもしれませんが、私は内勤の事務職なのでお手洗いやお茶を飲んだりすることは比較的自由にできます。

基本的には座ってパソコン作業なので目も疲れるし、首や肩も凝る。

なので行く用事がなくても、時間を決めてお手洗いに行きます。

学校では決まった休み時間があるので、社会人になってもやってしまおうという試みです。

お手洗いを済ませて、鏡の前でついでにヨガのポーズを1~2つ取ります。

床に手を付いたり座ったりはできないので、三角のポーズや腰かけねじりのような立ったまま気持ちよく伸びが出来るポーズが多いかな?

あとは首と肩をぐるぐる回して、よしっと気合を入れるだけで座ったままでいるよりかなりスッキリ。

5分もあれば充分なので、気兼ねなくできます。

幸いなことに?いまの職場は女性が自分を含めて2人しかいないので、トイレで誰かと鉢合わせたりする心配がないのはラッキーですね。

 

ちょこっと休憩を作る

あまり頻繁にトイレに行くと目立つので、席でも気が付いたときにちょっとした休憩を入れます。
 
・目薬を差す
・水筒の白湯を飲む
・10秒だけ目を閉じる
・指や耳のツボを押す

大体こんな感じですが、やらないよりは退社したときの疲れが残りにくくなったな〜と感じています。
帰ってからの家事や、次の日も元気に仕事に行くために、自分の体のメンテナンスは大事にしないとね。