読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

定番服がなくても平気だった

こんにちは、新年からぼちぼち就職活動を始めているひめねです。

新卒で入った職場はスーツ着用だったので、4着を着まわしていました。けれど転職した先には制服があったので、スーツは着なくなってしまいただ箪笥の肥やしに。

結婚が決まり引っ越しするときになってようやくスーツを1着だけ残して処分し、今回久々にスーツを引っ張りだしてきました。

さすがに肩パットが入っている時代ではないものの、10年以上前のものなので古くさい雰囲気は否めないのですが、就職活動以外には使用しないし、サイズも無理せず入るのでこのまま続投させることにします。

これから年を重ねてサイズが合わなくなったら、その時が手放す時だと思ってます。

鞄は以前仕事用に購入した黒い鞄があるので問題なく、靴も冠婚葬祭用にある黒パンプスで充分だけれど、困ったのがブラウス。

さすがに襟元の汚れが気になってので古いものは処分していたのです。

アイロンが面倒だし、ファッションにも合わないのでシンプルなブラウスは持ってなくて。

一瞬買い足そうか?と思ったけれど、絶対にこの就職活動以外で着ることはないと断言できる。

喪服のようにどうしても用途に合わせて持ってないと困るというものはあるけれど、不要なものはなるべく入れたくはないです。

ふと周りを見渡してみれば、スーツ姿の女性はカットソーのようなものを着ている人も沢山いることに気付きました。

かっちりとして営業マンの就職先を探しているわけではないので、こんなのでもいいのかもと手持ちの黒のカットソーを合わせて見たら、全く問題ありませんでした。

寧ろシンプルな白ブラウスを合わせると、一気に新卒のリクルート感が出てしまう。

アラサーの転職活動なので、ほどほどに落ち着いた雰囲気を見せたほうが良いような気もします。

買ったほうが早いけど、なくても平気というのが分かると気持ちが楽になりました。