読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

エコに暖かく冬を過ごす

こんにちは、冬はコタツを背負って暮らしたいひめねです。

そんなコタツ大好き人間でしたが、実は我が家にはコタツがありません。

昨年まではホットカーペットに毛布を被って冬の寒さをしのいでおりました。

でも今年はある事情からホットカーペットが使えないため、どうやって冬場を過ごそうかいま頭を悩ませているところです。

リビングにエアコンがないので、凄く寒い日は隣の部屋から無理やり風を送るしかないのですが、12月から本格的に寒くなる約4ヶ月なるべく電気代を節約したいので、まだコンセントは抜いたまま。

でももう朝晩かなり冷えて昼間でも20度まで上がらないので、毛布を被るだけでは物足りない…何かいい方法はないかな?と考えて、寝るときに使っていた湯たんぽを昼間も使うことにしました。

f:id:himene:20161123174843j:image

夜に作っても朝までポカポカなので、かなり長時間保温できるんですよね!

湯たんぽをお腹や腰に当てて毛布を被れば、毛布だけより暖かく過ごせます。

写真のものはスーパーで購入した600ミリほどしか入らないものですが、小さめサイズが使いやすくて丁度良くて。

あとは飲み物は冷たいものは避け、白湯と乾燥生姜を入れた紅茶を飲んでいます。甘みが欲しいときは体を冷やす白砂糖ではなく黒砂糖で。大好きなアルコールも焼酎のお湯割りなど、お腹の中もなるべく冷えないように少し気をつけていたら、平熱が少し高くなったよう。

一番効いたなと思っているのは、お風呂に入ること。やはり末端を効果的に暖めるのはお風呂に勝るものなしですね。

よく冬になるとあちこちがじんじん痛むのも、お風呂に浸かっている間はぴたっと収まるので冷えは本当良くないんだと実感してます。

10分しっかり肩まで浸かって、お風呂上がりも冷めないように毛布で包まって休憩。スキンケアやストレッチなど色々したいのを堪えて、まず休む。湯治とは言わないけど冬場の体調管理には欠かせない習慣です。

まだまだ寒くなる真冬はこれだけでは持ち堪えられないと思うけど、エアコンなどの暖房器具だけに頼らず暮らしていけたらいいな。