読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

薬箱には自分の不安が詰まっていた

こんにちは、調子の悪い時は正露丸とバファリンで何とかなると思っているひめねです。

我が家のこの薬箱らしい薬箱。

夫が独身の頃から使っているものをそのまま使用していますが、滅多に開けないので気をつけて整理しないと消費期限切れのものが混ざっていたります。

f:id:himene:20160901083228j:image

 

不安の数だけ薬も増える

丁度一年ほど前に一度中身を整理しました。

その時は総合風邪薬以外に喉用、熱用と症状別に風邪薬が三種類もあり、

しかもその全てが消費期限切れ。

調味料ならカビたり色や匂いに異変を感じなければ、自己責任で期限切れのものでも使ってしまうけど、薬はそもそも体調が悪い時に使うもの。

市販薬に劇物はないだろうと思いながらも、うっかり飲んで何かあったら怖いので一気に捨てました。

その後しばらく風邪薬は買わなかったのですが、今年に入って3度も風邪を引いてしまい、結局風邪薬と葛根湯を買って薬箱に仲間入りです。

飲みきってしまったけれど、一時は咳止めもありました。

風邪と言っても喉だったり腹痛だったり毎回微妙に症状が違うし、引き始めなら葛根湯のほうが効くと聞いたりもして、早く楽になりたくて色んな薬に手を出してしまうのだと思います。

今年どうしても急いで風邪を治さないといけないことがあり、そんなとき症状を抑えてくれる薬はとても頼りになる。

でも薬は万能ではないし、やはり管理が付きまとうのであればなるべく暮らしにあった分だけにしたい。

 

いま薬箱に入っている薬はこの4種類

・総合風邪薬

・葛根湯

・正露丸

・解熱鎮痛剤

我が家の常備薬としてはこれだけで充分。

ドラックストアに行けば咳止めや胃腸薬や整腸剤なども売られていて、食べ過ぎた翌日になって胃薬が欲しい…と思うこともあるけど、

不安を数え出したらキリがない。

元々心配性なので、お腹が痛くなったらとか咳が止まらなくて眠れないとか、考え出したはいくらでも嫌な状況は思いつく。

でも本当に辛いときは市販薬を飲むより、早く病院で医師の診察を受けるほうが効果的なんですよね。

同じ風邪でも、高熱で病院にかかって薬を出してもらったら案外早く治って、微熱だからと放っておいたら長引いたこともある。

風邪の症状は体がウイルスと戦っているものだから、出来ることなら薬を飲まないでウイルスを出し切ったほうが早く治るという話もあるので、薬で備えるよりもまず自己管理をきちんと出来るようになろう。