読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

夢の世界へ。宝塚歌劇を観てきました

こんにちは、鳥組のひめねです。

宝塚歌劇の公演が当たり、先日観劇してきました!

実はかなり昔にも行ったことがあるので二回目なのですが、一回目は大昔に全然興味のない状態で行ったので殆ど記憶になく(すいません…)、最近電車で宝塚の広告をよく目にして気になっていたので、これもトイレ掃除の効果なのかなー!なんて考えて。

宝塚スターの名前も殆ど知らない状態で行ったので、とんちんかんな感想を書いていても許してください。

月組の演目はNOBUNAGA。

戦国時代は日本史の中でも好きで本を読んだり城を見に行ったりしていたので、どんな織田信長が描かれるんだろうと楽しみでした。

大雑把には史実に沿った展開で、信長の後半生をメインにしたオリジナルストーリーに彼の色んなエピソードが盛り込まれていたと思います。

肝心の舞台の感想ですが、男役カッケェー!顔小さいわ足長いわ本物の男性より数倍かっこいい(笑)娘役はとにかく可憐でお人形さんみたい。目を奪うような美しさと歌に、ひたすら圧倒されました。

ストーリー自体は初心者にはちょっと分かりづらい…というか宝塚に慣れていないせいか「何でそうなるん!?」と心の中で突っ込んだりもしたのですが、ここは宝塚だという論理性など意味をなさない世界が広がっているので、それだけで夢を観させてもらいました♡

ショーも華やかで見惚れました。退団されるトップの龍さんのオープニングの歌もとても印象的で、皆さん本当にステージを大切にされているんだなと熱くなりました。

席は二回席の中段あたりだったので役者の顔の判別は難しかったけど、舞台全体がよく見えて充分楽しめる席です。

一応綺麗めを意識してカーディガンにフレアスカートという出で立ちでしたが、ヅカなら控えめなロリータ服でも行けそうだな〜。

今度はベルばらとか、ザ宝塚みたいな演目を観に行きたいです!