読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

この夏やること、しないこと

こんにちは、急に暑くなってベビーリーフとバジルの生育状況をはらはら見守っているひめねです。

日本では社会に出ると長期休暇はなくなる人が多いですが、ヨーロッパのバカンスとまではいかなくても日本の大人ももっと休暇を長く楽しめるようになったらいいのになあと常々思っています。

よほど恵まれた職場でないと、たった5日の海外旅行ですら行けないような会社も多いですからね…。

いまは比較的休みに自由のきく立場ですが、今年の夏はどこかに出かけるのは難しそうなので、無為に終わらせてしまうことのないようこの夏やること、しないことを書き出し。

以前作った叶えたいことリストでは、目的がぼんやりしていたり期限がなくてその間に興味がなくなってしまったという失敗があったので、より現実的かつすぐ出来るものばかりにしました。

 

【やること】

・浴衣を一人で着る練習(一人で着付けできないので、母に買ってもらった浴衣を結婚してから一度も着ていない)

・植物の名前を覚える(ランニングのときに見かける花の名前が分からないので分かったらもっと楽しくなりそう)

・湯シャン(シャンプーが合わなくなったのか髪がパサパサしてる。夏なら毎日ジャブジャブお湯洗いできる)

・花火大会に行く(結婚してからやっぱり一度も行っていない…!)

 

【しないこと】

・食後のアイスクリーム(大好きでほぼ毎日食べてる…でもお腹を冷やすしカロリーも気になるので買い置きをなくす)

・クーラーの我慢(電気代が勿体ないと昨年はかなり我慢したけど、暑さはあらゆる行動力を奪うため何もできない時間のほうが勿体ない。時間を決めてつける)

・洋服を買う(半年は達成。夏のバーゲンも見ない!いまある服をある程度使い切るまで頑張る)

 

綺麗に5個ずつにしたかったけど、出来ませんでした!

毎年肌寒さを感じて夏が終わりに気付くとき、夏休みがなくても何となく寂しい気持ちになるんですよね。あれをしたかったとか、もっと夏を満喫しておけば良かったという後悔が残ってしまって。

他の季節ではないので、夏独特の感傷みたいです。

だからこれは守るべきルールというよりも、振り返ったときにいい夏だったなと思えるように、この夏の暮らし方の選択肢の一つくらいのゆるい気持ちです。