読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

これからはミニマリストより身軽な人を目指そう

こんにちは、ひめねです。
先日ランニングオフ会で、身軽に生きたいという話が出てきました。
ミニマリストという言葉自体がブームになり過ぎて、その定義で縛られるのがかえって窮屈になってしまう。
よく言われるようにミニマリストやシンプリストに決まりがあるわけじゃないけど、メディアでは極限までシンプルな生活をしている人ばかり取り上げられるから、ミニマリストとはこういう人でこういう暮らしをしているというイメージはどうしてもある。
身軽は一般的な言葉だから、誰が使っても違和感がない。

私はミニマリストではないけれど、身軽でいたいという話には凄く共感して。
フットワークを軽く、自由に行動できる人になりたい!!
やっぱりそのためには断捨離は必要な作業だと納得もしました。
大人になれば、家族が出来たり大事なものは増える。使えるお金のゼロの数も増える。社会的な責任も増える。
そういうものたちで、日々の暮らしはいつの間にか重たくなってくる。
でもそれらを投げ出して自由になるというのではなくて、重たくなった暮らしを自分に合うサイズにしていくことが私の考える身軽な生き方。
思い出をモノにしてしがみ付いてないだろうか?金額を言い訳に手放せないものが眠っていないだろうか?
そういう視点を持ってみれば、やっぱり私はまだ自分のサイズより大きすぎる暮らしをしている感じがします。
自分が大切にしたいものを見極めること。不要なものを削ぎ落とすこと。
それが出来れば別にミニマリストであろうがなかろうが、身軽な人になることは出来るのかなと思うのです。