読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

主婦の幸せな働き方を考える

こんにちは、ひめねです。

私は今、非正規労働者として週3日だけ事務仕事をしています。
それまでは大学を卒業してからずっと正社員として働いていました。
最近は結婚で退職する女性も少数派になりつつあるし、いま自分には子供や介護が必要な人もいないけれど、結婚するときに今後の働き方について夫と話し合って退職を選びました。
 

非正規のメリット、デメリットを考える

メリット
サービス残業、休日出勤がない
前の会社では営業部にいたため、繁忙期になると毎日2時間程度サービス残業と土曜出勤があり、同じ事務でも総務部は定時でしれーっと帰っていくのを当時は結構恨んでいました(笑)
時給制の非正規だと、残業をしても不公平感がなくなるのは心の安定に良いです。
 
・休みがとりやすい
平日でも休みたい日の調整ができるので、たまに丸一日実家に帰ったり長期休暇の予定もたてやすいです。
 
・条件にあった職場を探しやすい
徒歩通勤できるのはあり難いです。昔は通勤だけで往復2時間以上かかっていて。
フルタイムじゃなくていいのも希望どおりでした。
 
デメリット
・給料が少ない
時給制と言う事は、働いていない時間は当然お給料も出ません。
ざっくり手取りだけで見れば、正社員だった頃の3分の2くらいです。
 
・いつまで働けるかわからない
とりあえず今の職場は、最長で更新できても再来年まで。
その頃自分がどうしているかは分からないけれど、年齢も重ねているので、ぼーっとしていれば今より職探しは難しくなっていると思います。
 
・自分の裁量で仕事が出来ない
基本的にはすべて正社員の補助業務なので、仕事内容を理解しないままの作業も多く、知識として身につくことが少ないです。
 

これからの働き方について

私はいまの生活が気に入っています。
仕事に行く3日は家事は料理と簡単な掃除しかしません。
平日の2日の休みのうち1日は、日用品や食材など家の買物や銀行の用事、雑巾がけなどしっかりとした掃除や大物の洗濯など主婦業にあて、もう1日は読書やヨガのレッスンなど自分の趣味に使っている感じです。
かつてあんなに欲しいと思っていた自由な時間のある、ほどほどの暮らし。
ただ沢山の同年代の女性が忙しくしているのを見ると、このままでいいのかなあという漠然とした不安も少しあって、最近働き方について考える時間が長くなってきた気がします。
マニュアル通りにすることやルーチンワークは苦ではないので、事務仕事は嫌いではないけれど、すごく好きかと聞かれたらそうでもない。
フルタイムでばりばり働くスーパー主婦になりたいとは思わないけど、人生の長い時間を使う仕事についてもっと楽しいと思える働き方を模索中です。
 

トラコミュ
シンプルで豊かな暮らし

 


にほんブログ村

 
一日一断捨離記事が停滞してます…プランクチャレンジの最終結果とまとめて記事にしたいと思います。