読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

モノがあるほうが暮らしやすいなら置くほうがいい&1日1日断捨離11日目

こんにちは、ひめねです。

こちらが我が家のお風呂です。わざわざ公開するような綺麗なバスルームでもないですが、まあこれが現実です。
f:id:himene:20160506133506j:image
上から置いてあるもの
掃除用スポンジ
シャンプーブラシ
髭剃り
シャンプー
コンディショナー
石けん
トニックシャンプー
バスリリー
ボディタオル
風呂桶
風呂椅子
 

置いてあるものを点検する

書き出してみると結構沢山のものがありますが、以前は置いていた掃除用ブラシやボディソープを減らしたので、多少はスッキリさせた後です。
シャンプーは一つにできないか見直そうとしたけれど、髪質の違いとこだわりがあるので別々のものを使っています。 
シャンプーブラシ、髭剃り、ボディタオル、風呂桶は夫が独身時代から使っているもの。
コンディショナーは私しか使わないので、使い終わったら断捨離する予定です。
バスリリーは体を洗うとき、これで泡立てて洗わないと気持ち悪い。
美容面から見ても素手の方がいいとは分かっているけれど、石鹸でぬるぬるした手で触るのがどうしても苦手で手放せません。
 

モノを置くのは暮らしやすさに合わせて

細々した他のお風呂小物も置きっ放しです。
片付け本を見て銭湯式の導入を一度考えたけど、我が家は洗面所の動線が悪く、お風呂にモノを持って入り忘れると裸のまま床を濡らして洗面台に向かう羽目になる。
更に扉もないのでリビングから丸見えで、それは自分にとって快適な状態じゃない。 
 
掃除道具の全撤去もしてみたけど、ちょっと汚れに気付いたときに擦り洗いが出来ないため、返って手間がかかりました。
私には生活に合わない習慣を付けるより、お風呂に入ったついでに小物もちょこちょこ洗うほうが楽。
バスリリーの件も含め、暮らしにくくしてまでモノを減らす意味はありません。
風呂椅子は私は使わないので処分したいけれど、夫は必要だというので考えました。
以前はもっと大きく複雑な形だったため掃除がしにくく、色が風呂桶と同じどぎついオレンジで存在感がありすぎて。
最初は愛着のある風呂椅子を手放すことに反対だった夫と何度か相談して、風呂椅子は撤去はしない代わりに、もっと小さくすっきりした形の白いものに買い変えることでお互い妥協しました。
妥協というと悪い意味に思われがちだけれど、妥という漢字には穏やかという意味があるそう。
お互いの主張を穏やかに収めることも大切なことかなと思った出来事でした。
トラコミュちょうどいい暮らし
 
今日捨てたもの【11/30】
f:id:himene:20160506144013j:image

マニュキア2本。棚卸記事で処分を迷っていましたが、もっと気に入っているのもがあるのでやっぱり使わない。さようなら。

 


にほんブログ村