読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

不要なモノ、処分する前に活用方法を考える

こんにちは、ひめねです。

これまで何度も買い物で失敗してきました。
安さにつられたとか衝動買いとか、殆ど着られることなく放置している服が今でもあります。
まだ着れるのに捨てるのは勿体無い、でも置き場所にもお金を払っていると考えれば家賃のほうが勿体無い。
そんな気持ちを行ったり来たりしながら、焦らず処分を進めている最中です。
捨てる前に「本当に捨てるしかないのか」と考えるようにしています。
 

処分する前に一歩立ち止まる

これは私の失敗した買い物ですが、処分する前に活用する道が開けました。
f:id:himene:20160412080240j:image
ユニクロの長袖Tシャツ
色が派手すぎて手持ちのどの服とも合いませんでした。
 
・通販で購入したレギンス
Sサイズが無かったのでモデルの身長を参考にMでもいいかと購入したけれど、ダボっとゆとりがあり過ぎてレギンスとしては履けなかった。
セールにつられて、買わなきゃ損と思って失敗したいい教訓です。
 
・雑誌の付録のバッグ
マチもあって便利そうと思ったけれど、口が開いているので中身が丸見えで貴重品を入れるメインバッグに使えない。けれど買い物袋にするには小さい。
 
断捨離候補でしたが何か使い道がないかなと思っていたところ、昨年始めたヨガのレッスンで使用することにしました。
スタジオは薄暗い上にレッスン着なら派手な色でも浮かないし、ゆとりのあるパンツのほうがポーズも取りやすい。
バッグも上にタオルを置いて持ち歩くので、中身が見えてもOKです。
新しくヨガ用にウェアやバッグを買わずに済ませられたので、ちょっとした達成感も得られました。
 

捨てることより考えることの方が大事

捨てるのは簡単です。ゴミ置場に出しておけばゴミ収集車が持って行ってくれます。
でも本当は、処分を考えるのは一番最後じゃないといけないんじゃないかなと最近思います。
私も一時期はモノを減らしたくて、むやみに捨てたこともありました。
モノが多すぎるといる、いらないで機械的に判断するしかないかもしれない。
けれどいる、いらないで判断してしまうと、モノと向き合う時間が少ないので同じ失敗を繰り返してしまうこともある。
今後に生かすためには、やっぱり捨てるときの痛みで反省することが必要です。
また同じ失敗を繰り返さないよう何故着なかったのか、きちんと考えて自分の中に記録しておくこと。
その上で使い切る方法を、一度で立ち止まって考えられたら一番いいなと思います。