読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

ピクニックに行こう!

いい女の元気作り

こんにちは、ひめねです。

先日お花見に大阪府吹田市にある万博記念公園に行ってきました。
f:id:himene:20160406121155j:image
万博は昨年クリスマスイルミナイトを見に行って以来でしたが、翌日天気が崩れる予報が出ていたせいか、こんなの見たことない!というくらいの人混み。
臨時のチケット売り場が出ている光景なんて初めて見ました。
 

思い立ったらすぐにピクニック

花見と言うとテントやバーベキューセット(万博は所定の場所以外は禁止です)の準備など、大掛かりな装備で挑んでいる人も見かけましたが、私の荷物は紙袋一つです。
・卵焼き(手作り)
・春雨サラダ(手作り)
・オイルサーディンの缶詰
・ビール×2本
・レジャーシート
・ウェットティッシュ
・シャボン玉
たったこれだけ。女性の手一つで足りるくらいで充分です。
あとは現地で生ビールとウィンナーの盛り合わせを買って乾杯しました。
桜を見ながらビールを飲みながらぼーっとしていると、とても贅沢な気分になれます。
 
あれもしなきゃこれもしなきゃと思うと大変だけど、コンビニやスーパーで出来合いのものを買っても何でもいい。
シート一つでOKな気楽さがピクニックの良いところ。
私の小さい頃、お金に余裕があったわけじゃないと思うけど、両親は万博公園によく遊びにつれてきてくれました。
結果として当時持っていたはずのおもちゃよりも、ずっと記憶に残っています。
 

インドア派のレジャーの楽しみ方

私はそもそも超が付くインドア派。
山も海も興味ないです。疲れるから。キャンプで本物の大自然に触れるのもいいけど、プラネタリウムで落ち着いて過ごす方に流れそうです。
それでも根底に都会の喧騒に疲れているからなのか、時折ふらふら外に行ってしまう。
私がレジャーを楽しむときに気を付けていることは「日に焼けない、ほどほどで切り上げる」の2つです。
日に焼けるとその後の手入れも億劫になるので、日焼け止めと帽子は必ず。
日傘は万博にピクニックくらいならOKだけど、河原でBBQのときは邪魔になるので使いません。
それからどんなに楽しくても、飲み過ぎないこと(笑)
どんな人と何処に集まっているかにもよるけど、途中退席が可能そうならあらかじめ切り上げ時間を伝えて帰ることもあります。
疲れた!もういやだ~!とならないように、自分でコントロールする。
雰囲気もあるのでやり過ぎないよう修行中です。
 
カメラマンの腕がへっぽこでろくな写真を取っていませんでしたが、快晴にほぼ満開の桜でとても美しい光景でした。
茨木のり子さんの有名な詩に「さくら」というものがありますが、自分はあと何回桜を見るのだろうと考えたら、多く見ても50回くらい。
来年もまた来ようと、未来のことを毎年これ以上真剣に考えることはない一日です。
桜は散ってもGWに向かうこれからはピクニック日和。
気軽にリフレッシュできるピクニックを自分なりに楽しみたいです。