読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もいい女!

家と心と人生を身軽に暮らそう

もったいないと、みっともないの境界線

おはようございます、姫音です。

クローゼットにLサイズのタイツが一本ありました。

買い間違えたのか貰ったものかどうにも覚えがないのですが、私は服はSサイズなので勿論合いません。

身近に差し上げられるような人もおらず、未使用なので捨てることも出来ずにしばらく放置していました。

そして先日、タイツを履こうとしたとき全て洗濯中だったことがあり、まあいいかと軽い気持ちでパッケージを開けて着用したのです。

考えるまでもなく、足の長さが足りないので膝や足首に変なシワが寄ります。

しかし処分するのはもったいないから思って、洗濯してまた履きました。

でも履くたびに何だか落ち着かない気持ちになるんですよね。

サイズが合っていないから履き心地が悪いし、変なヨレがあるからふと見たシルエットがみっともないのです。

 

もったいない

みっともない

 

並べると字の雰囲気がなんだか似ています。

どちらも私の気持ち。

片付け本を何冊読んでもクローゼットがスッキリしないのは、まだ着ることのできるものを簡単にいらないと判断できないからです。

充分着てよれよれになった服なら気持ちよくさよならできるけど、そうじゃない服を処分するのは何がいけなかったのか失敗を認める作業になりますよね。

今の自分に似合わないから不要と判断するには意思が弱くて。

でもブログをはじめたことで、鏡を見るたびに憂鬱になる似合わないタイツは、いい女には相応しくないと判断基準が一つ増えました。

私は下着などの見えない部分や、存在感の少ないストッキングやタイツなどは、まったくこだわりなく安いもので充分と考えるタイプでした。

元々いつ買ったのか貰ったのかすら分からないタイツは、安いからまあいいかと妥協して買ったものかもしれません。

けれど一番体に密着するものだからこそ、その人の意識が見えるところなんじゃないか??

そう考えることでやっとタイツを処分することができました。

我ながら思い切りが悪すぎますが、納得して手放す。

一気に片付けられると爽快だろうなと思うけど、誰かの言う通りにしてあとで後悔するより、今の自分にはそれが一番合っているような気がします。

ウェーブタイプはラフな着こなしより、女性らしいラインをきちんと出すほうが似合うということもあるので、次に買うときはぴったりサイズのものを探すこと。

今回の教訓です。